五十五中年漂流記

「この世」を漂流するオヤジの戯言

無題

受け入れよう

楽になる

そしてそれを上手に逆に利用するのだ